大阪、神戸、京都、奈良、滋賀のポスティング

終わるまで配ったらいけます。

これは1人のポスティング戦士の名言です。

大阪は住吉区でポスティングの仕事があり、当時は会社としてではなく、数人の仲間と朝から晩までチラシを配っていました。

 

『配りたいだけ配る』というスタイルだったので、稼ぎたい人は10時間以上配ることも珍しくありませんでした。

その時、その戦士はメインのチラシ1枚と併配1枚の2枚配布で、『なんぼ持っていきますか?』と聞いた所、『じゃあ、8000で』と。

2枚配布なので16000枚ですね。

 

10時間では、配れそうに無かったので『いけます?』ときた所、彼は

 

『終わるまで配ったら行けると思います!』と元気に答えてくれました。

 

私は、正直凄いなと感心しました。

海外で、日照り続きになると雨乞いをする部族がいて、成功率がほぼ100%という話を来たことがあります。

なぜ100%なのか理由はおわかりでしょう、『降るまで雨乞いを続ける』ただこれだけです。

 

彼の精神は、この部族とも通じるものがあり、『終わるまで配る』ということを続けていました。

 

ポスティング終わるまで

 

言うのは簡単ですが、なかなか実行するのは難しいものです。

ポスティングに限らず、何をするにしても答えが出るまでやるべきだと私は思います。

それが、失敗であったとしてもです。

失敗という答えが分かれば、次にその失敗をしなくてすみます。

よくわからないまま、途中で放棄しては、失敗なのか、成功なのか、継続が足りないだけなのか分からず、また元の位置へ戻って、同じような考えを繰り返してしまいます。

 

ポスティングで集客する時も同じで、何か結果を出して欲しいと思っています。

目標をチラシ1000枚で問い合わせ3件としたら、3件になるためにどうしたら良いのか、チラシはどのデザインが一番反応があるか、配布時期はいつが一番反応あるのか、チラシのサイズはどれがいいのか、良いも悪いもしっかり結果として残してください。

 

ポスティング会社選びも大事ですが、白紙のチラシをどれだけ条件に合わせて配っても反応はありません。

 

一番肝心な部分は依頼者が判断することがほとんどです。

 

失敗も成功も含めて、ポスティングの効果を上げていき、自分が思っている配布方法や精度で配ってくれるポスティング会社を探せばよいだけです。

 

ポスティング会社を転々と変えている皆様、理由は何でしょうか?

反響がないからですか?

 

どこのポスティング会社も反響がないのであれば、他のポイントに目を向けてはいかがでしょうか?

おすすめ

どこでも戸建割

補助金額のシミュレーション

ポスティング一括見積り

上記のポスティングエリアからご希望の会社へ一括見積りが可能です。

ポスティング情報

補助金・助成金情報