大阪、神戸、京都、奈良、滋賀のポスティング

ポスティング会社の上手な選び方

初めてポスティングする時はどの会社が良いか悩んでしまいます。

ポスティング会社を選ぶ時は何を基準で選んだら良いのでしょうか?

 

 

【料金最安値を選ぶ】
複数のお見積りを取ると大まかなポスティング料金の相場がでてきます。

ポスティングは、人が動かなければ配布することはできません。 1日に500枚しか配ることができないエリアで単価8円であれば、スタッフ一人4,000円の売上で会社の運営としては、休みにしていた方がまだマシです。

 

もし、単価が特別安いのであれば、安い理由が必ずあります。

一緒に配るチラシが多くある 16円のチラシを2種類一緒に配れるとすれば1件あたりの配布単価は40円になります。そうなれば1日2万円ほどの売上になるので8円でも問題ありません。
タウン誌などに挟み込んで定期的に配布している業者であれば、配布の手間はそれほど変わらないため単価を抑えて提案することができます。

料金最安値を選ぶのも良いかもしれませんが、なぜ料金が安いのか、相場をみて本当にその価格でポスティングができるのかを検討することが大事になってきます。

【管理体制 GPSでスタッフ管理ができている。】
ポスティング会社に依頼してもスタッフが捨ててしまうのではないかと不安がある方もいらっしゃるかもしれません。

ここ最近ではスタッフにGPSを持たせ管理する会社も増えてきました。GPSを持たせていれば100%安心。と言うわけではありません。

GPSは実際にポスティングした枚数は数えてくれません。一つの指標としてGPSがあればよいでしょう。管理体制が気になるのであれば自分の目で現場に行くのが確実です。

 

【サービス内容で選ぶ】
ポスティング会社によって、『できること』『できないこと』があります。

地域の年収などを元に配布するGISを利用したポスティングや企業のみ配布できる、指定物件で配布ができる、人口密集地を中心に配布している、他のポスティング会社が行かない様なエリアもきっちり配れるなどサービス内容はさまざまです。チラシのデザイン、印刷、ポスティングをセットにしたサービスなどある会社もあります。

どの程度、希望に答えられるかを基準にして、ポスティング会社選ぶ基準となります。

 

【複数の会社に依頼する】

『反響率が落ちてきたのでポスティング会社を変えた、一時は良かったがまた落ちてきたのでまた別のポスティング会社に変えた』こういったことを時々耳にします。

ポスティング会社が悪かったのか、エリアが悪かったのか、時期が悪かったのか、チラシのデザインが悪かったのか原因はいろいろあるかと思いますが、とりあえず『ポスティング会社が悪い』と判断することが多いようです。

本当にそうであるか試すには、複数のポスティング会社に依頼することをおススメします。(長期でポスティングでの集客をお考えであれば)A社とB社同じ時期に、配布エリアを半分にして配布してもらい、次回はエリアを反対にして配布する。 配布報告書の数や反響率も差がでてきます、率が悪い方の業者は変えてまたテストしていきます。

ポスティングは遅れて反響があるため、何月に配ったチラシなのか判断できる番号などをつけて印刷すると良いでしょう。

データとして確実なものになります。 ABテストを繰り返し、反響と単価を考慮し一番良いポスティング会社一本にするのも良い方法です。

 

おすすめ

どこでも戸建割

補助金額のシミュレーション

ポスティング一括見積り

上記のポスティングエリアからご希望の会社へ一括見積りが可能です。

ポスティング情報

補助金・助成金情報