大阪、神戸、京都、奈良、滋賀のポスティング

ポスティングと新聞折込

新聞折り込みとポスティングどっちがよい?と比較されることがよくあります。

新聞折り込みだと日本全域でも、1日で配ることができます。『チラシ入れるな』とクレームがないことも良いところですね。

少し前にSMAPの応援プロジェクトとして、ファンの方の寄付で新聞8ページを使いSMAPにメッセージを送る取り組みが行われました。

合計4000万円もの資金がファンの方から寄せられ、新聞8ページを使っての大々的な広告のため、多くのテレビで取り上げられました。

 

 

新聞は大変大きな媒体ですが、インターネットの普及による若年層の購読率の低下、70代以上でもここ最近では購読率は低下傾向です。

40代までは20%以下となっており、50代で30%ほど、年齢が低くなればなるほど購読率は下がってきます。

2015年 国民生活時間調査 で詳しく掲載されています。

 

以前は、広範囲のみでの新聞折込でしたが、最近ではある程度エリアを絞った折込もできるようです。

以前ブログで書いた、広大なエリアでポスティング の様なところでは、新聞折込の方が料金は抑えることができます。

他には、若年層が購読率が少ないのであれば、自然と高い年齢層へ届けることができるためターゲットの年齢層が高い場合は有効に使えるかもしれません。

 

ポスティングの場合は、同じ町内のポストにすべて入れるなど、もっと柔軟に対応できるのが特徴です。

日本全域1日で終わらせるなど、1社では無理かもしれませんが、選挙など日本全域で配布が必要な場合は、ポスティング会社が多く利用されていることが多いです。

選挙のハガキと一緒に、選挙公報も送ったら?と思いますが、やっぱり費用が高くなりポスティングにお願いするのではないでしょうか?

 

関係ないですが、私、中1~中3まで新聞配達をしていました。

『バンドやろうぜ』と言われてギターを買うために始めて、それから2年半朝刊を配達したことがあります。

おすすめ

どこでも戸建割

補助金額のシミュレーション

ポスティング一括見積り

上記のポスティングエリアからご希望の会社へ一括見積りが可能です。

ポスティング情報

補助金・助成金情報